HSP的 通信

結界の張り方

日本は古代、神の国でした。

「神の住む場所」と「人間の住む場所」は明確に分けられていて、

その境界線が「鳥居」でした。

鳥居は、神に会うための「門」であり、ここから先は神聖な場所という「結界」でもあります。

日本にはその「結界」の文化が、今も残っています。

以前、ポイ捨てを減らす対策として、「鳥居」を設置して、効果があるというニュースがありました。

日本人の心の深くに、鳥居を見ると「悪い物を持ち込めない」という心理が働くのでしょう。

それは、知らず知らず感じている、日本人の結界文化ではないでしょうか?

 

 

 

 

では、「人間の住む場所」で、

結界を張りたい時ってありますよね(笑)

この人のマイナスエネルギーいらないな~

とか

この人、都合よく私をこき使う…

とか。

このブログを読んで下さる方は、繊細な方が多いので

繊細な人ほど、相手との境界線が薄くなってしまいます。

何もしなくても、見るだけで、聞くだけで、色んなものを感じ取ってしまうから。

 

 

そんな時、

自分の境界線を強くするには!?

自分に結界を張るには!?

どうすればいいか?

 

 

 

それはね

 

念仏を唱えることでも

お香を焚くことでも

プラス思考でいることでも

アセンションすることでもなく…

(もちろん、少しは効果があると思いますが)

 

 

勇気をもって断ることです。

 

自分が少し頑張れば済むことだから、引き受けてあげる

コレしてあげた方が、気持ちいいから。清いことだから。

みんながやってるんなら、私も…

 

 

優しいあなたは

本当の自分の気持ちを見ないフリして

安請負していませんか?

 

 

ぜひ、いろんな断わり方を習得してください。

断り方=技術+勇気

と私の心理学専門の師匠が言ってました。

 

断るための話術=納得感

納得のいく説明を考えるようにしてください。

充分な理由を、丁寧に説明する事を心がけてください。

そこに、あなたの「勇気」も同席させてくださいね。

 

 

3、4回、相手に「いいよ!」という姿勢でいると

だんだん、「それはできない」と主張しづらくなります。

 

人は、本能的に自分の言動に一貫性を維持したがる生き物なんです。

 

だから、

 

小さい「No!」から、少しずつ始めていくのがコツです。

私、Noって言っても、大丈夫なんだ

信頼関係、崩れないんだ

ということに気が付いてきます。

 

そして、おいしいことに、

周りからのあなたの価値が、上がることもあります。

 

あなたの大切なリソースを奪おうとしていたのね

と気付かせることになりますから。

 

 

そうすると、

だんだん、他人との境界線が強くなってきます。

見事、結界が張れてきます。

おめでとうございます。

 

 

あなたが輝く世界になりますように、心を込めて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です